人気ブログランキング |
2006年 08月 15日 ( 1 )
靖国
終戦記念日です。
小泉さんが靖国参拝をされましたね。公約(約束)を守るという意味では評価に値します。某南朝鮮のように、ころころ政策を思いつきのように変えないだけ、我が国の国家元首は国民との約束を守った分だけマシだといえましょう。

特攻隊に思いを馳せ、日本を守った若き英霊たちに感謝の祈りを捧げるのは個人の自由だと思います。中国が何を言ってこようとも、それは個人の心情や内政への干渉であり、耳を貸す必要はないと思います(中国はたとい靖国参拝をしなくたって別件で日本を糾弾してくるに決まっていますし、日本を叩かなければ国民から共産党が批判されますから、対象を常に日本に向けていたいに違いないからです)。

また、宗教観がそもそも道教ベースの中国と、儒教(もしくは原理主義的基教)ベースの朝鮮とでは、日本のシャーマニズム的要素の強い神道では合いません。道端の石ころや泥棒でさえ神様になってしまう国「日本」の宗教観など理解も出来ないでしょう。戦争に赴いた兵士たちが英霊として神格化され祀られる意味が彼らには分からないはずです。

靖国は慰霊施設ではありません。戦地で玉砕していった数々の若い命が神格化され、護国の神として後世の民に勝手に祀られていった、れっきとした宗教施設です。彼らに感謝を捧げるからこそ、意味があり、そこに戦争責任者(連合国の立場で言えばA級戦犯)が合祀されているがゆえに、批判の矛先となるのでしょう。

しかし、参拝が即軍国化を意味しません。同じの過ちを犯さないための決意として参拝しているかもしれません、だからこそ「心の問題」と首相は述べるのだと思います。

ただ、これを国内でもかなり政治利用されている面に関しては寒心に堪えないことです。発想が右傾化するのは頂けません。参拝する理由はやはり明確に中国に伝え、理解を得る(得られないと思いますが)外交努力はすべきでしょう。勿論、国民に対する説明もはっきり果たすべきです。その上で、賛否を問う波が起きるのであれば、それも結構かと思います。

61年前に思いを馳せ、夢半ばにして散っていった我々と同じ年くらいの若い無名の兵士たちに感謝を捧げたいと思います(その命をつなぐためにも、9条は守るべきだと個人的には思います)
by v-o-yf-_-a | 2006-08-15 08:53 | 雑記
Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧