まあ、MMORPGな日記がメインらしいです
by v-o-yf-_-a
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
うるせぇやつだ
今回は無風無投票と思われていた県議会選挙岡崎選挙区(旧・岡崎市域)ですが、市議の柵木氏の急な立候補表明で選挙戦になりました。

おかげさまで、柵木氏(地盤=六ツ美)と地盤(岡崎市南部=南・六ツ美・六ツ北・竜南・福岡学区)の被る青山氏(地盤=福岡)が激突。南部に程近い中部最南端の我が家周辺では、血相を変えたように青山氏の選挙カーが「これでもか!」というほど朝8時~夜は8時まで連呼するのでうるさいったらありゃしません。

この旧来の野蛮な選挙戦というものはなんとかならないものでしょうか。未だ三バン無しでは中々勝てないという、民主的でない選挙・・・。無論日本の悪習であり文化ですね。野球の裏金問題などもそうですが・・・。

聖徳太子の『和ぐを以て貴しとし、忤ふること無きを宗とせよ』

が、それを象徴しているというか、ヤマト民族の方向性がこれで決まったとするのであれば今もっとも民主化を妨げているのは聖徳太子という乱暴な言いかたも出来るわけで。

なんにしろ、既得権益を離さない人間が多すぎるからこうなるのであり、なんでも「なあなあ」にしてしまおうという姿勢は寒心に耐えませんね。閑話休題。

さて、それでつまり言いたいところは。必死ことについて一定の理解は出来ますが、連呼は迷惑だと青山氏陣営は気付くべきです。そして旧来の政治を変えていくのはまず地方選挙からでしょう。旧来の選挙手法が通じないと市民が政治家に気付かせるには投票に行くべきなのです。そうしなければ波乱の無い県議会選挙という結果を招きます。

うるさい候補に投票しないだけでも、ずいぶん代わると思いませんか?

残念なのは県議会は意識しないともっとも身近に感じられないというところでしょうか。市政は市政だよりだけではなく、ローカルメディアの報道と、実際に目に見えることで実感します。国政はマスメディアが報道するのでいやおう無く目にし耳にします。県議会は県議会便りだけです。

関心をひかせる情報が少なく、県政の姿が見えにくいことが直截的に作用するといえば言い過ぎかもしれませんが、見えにくくなっていることによって、興味をもたれず、結果、投票率が上がらないというのがネックです。

投票率が上がらなければ、結局三バンを備えた候補が予定通り当選するというグダグダした結果を招いてしまうのです。

日本人が選挙に関心ないのは、つまるところ他人に無関心であることと、自己に対する責任感が薄いということの裏返しでしょうね(自己責任論というのは他人が個人に対して責任を追及し押し付けているような展開を見せるので、その自己責任とは別としてとらえてください。あくまでここでいう自己責任は、『自分がケツをまくる覚悟がある』という意味です)。
[PR]
by v-o-yf-_-a | 2007-04-06 11:16 | 雑記
<< 日本語化計画スキンのリンク切れの件 花見 >>
Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧