まあ、MMORPGな日記がメインらしいです
by v-o-yf-_-a
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
産めよ増やせよ。は、今は昔
まあ、これもRO内容ではないので読みたい人だけどうぞ。



「本音が出た」

というのは、あながち間違いじゃないと思います。
昔、「産めよ増やせよ」とスローガンのように言われていた時代に育っていれば、産むのが女性の義務と考えていてもおかしくないと思われます。

少子化問題を解決するには、確かに産む数を増やすことが単純明快であり、今の内閣が考える命題でもあると思われます。

ただ、メディアの所為もあって、言葉だけが一人歩きをしている状態になってしまいました(要は、「産む機械」という言葉尻だけが一人歩きしてしまったということです。それだけ未だにテレビの影響はネチズンが蠢くよりも世間に与える力があるということです)。

そこに、政治とカネの問題で自民党を追い詰める予定であった民主党、しかしやっぱり敵失の機会に自爆した民主党が、千載一遇のチャンスとばかりに転がり込んできた敵失をしっかり握り締めて、国政の政局として使ってきたことで話がゆがんでいきました。

ここで見落としていてはいけないのは、本当の少子化対策はなんなんだ?ということです。言葉尻だけに惑わされないことです。失言だらけでも首相を務めていた人物も、少し昔にいました。

少子化対策といって一括りにするのは乱暴すぎます。
出生率が低いから、それを上げればいい。

という簡単な結論で政府が動いていくことでいいのか?ということです。高齢者がまったなしで増えていく中で、社会福祉に使用できる財源をどう確保していくか?定年の上限を上げて、老世帯が自立して生活していける社会構造を作れないか?持続可能な国家のフレームをどう描いていくか?

その辺がすっかり柳沢さんにしても世論にしても、見えてないのか、見ないふりをしているのか、あまり話題にもなりません。本来、野党は一個人(大臣)の罷免要求をするのではなく、与党に対し、それらの施策について問いたださなければならないはずです。

参院選をにらみすぎていて、自民も民主も全く国民を見ていません。こんな政治家達に国をまかせていいのか?という根本的な問題が、この柳沢発言問題で露呈したと思われます。いつまで民主党は期待はずれで居続けるつもりなのか?これも見ものなのかもしれませんね。

え?私個人として厚労相の発言をどう思うかですって?
それはある面では個人を無視した不用意な発言だととられても仕方ないと思います。
女性に頑張って頂きたいということをもっとうまく譬えられたのなら理解も示されたでしょうに、あまりにもたとえ方が悪かったということです。
真面目な人が受け狙いをするととんでもない誤解を招くということでしょう。

擁護する余地は全くありません。
が、だからといってそれで罷免というのもあまりにもヒステリー過ぎます。表立って騒ぎ立てているのが福島や辻元ですから、余計に悪眼立ちが過ぎますね。そこに乗っかっていく菅や鳩山あたりの頭の悪さにも幻滅しました。同じ党員である高市早苗にいたっては・・・。あなただからこそ、もっと言えることがあったんじゃないか?と思いますが、辻元らの意見に乗っかっているようでは寒心に堪えません。
[PR]
by v-o-yf-_-a | 2007-02-04 23:00 | 雑記
<< 鉄槌は下った ふざけるのもいい加減に >>
Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧